Padilla – Miami – Corona – Natural

Serious Cigarにて購入。ニカラグアのシガーには意外とコロナサイズが少ない。そこで、ちょっと探してみたところ、見つけたブランド。Pepin Garciaプロデュースとのことでヘビーとのことだったので覚悟して吸った。
着火は普通。時々片燃えしそうになるが火をつけなおせば問題ないレベル。灰は黒め。最初は思ったほど強くなくほんのりとした甘みはある。香りも複雑ではないが素直な感じ。ヘビーと言う感じではない。巻きはきつめなのだが吸いにくいと言うところまではいかない。灰も固めで落ちにくいので、2cm近く灰を残せる。味の変化はそれほどなく、えぐみの類とも無縁。3cm程度残して終了。1時間10分ぐらい。ニコチン酔いも覚悟していたのだけど全くなし。
ただ、これといった特徴がなく感動するようなうまみもなく淡々と進むといった感じ^^;
やはり、コロナならばAlec Bradleyの方がいいかな?
Abouto.com Ciagrのレビューも俺と同じような表現^^; Robsutoだけど。
こちらから。

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください