Dyson V10を楽に使う方法

使っている方は分かっていると思うが、Dysonのハンディ掃除機はスイッチを押し続けていないとモーターが回り続けない。バッテリーの消耗を抑えるためにはコマめに駆動・停止をしないといけないからだが、狭い我が家だと駆動しっ放しでもバッテリーが途中で切れることはない。なので、押し続けることができる、いわばストッパーみたないものがあればいいのだがとググってみると、旧タイプのV6とかV8なら使えるってものがある。らくらくトリガーと称するもの。

ダメもとでぽちっとしてみた。で、ダメだったww つまり、本体に両面テープで張り付ける構造なんだが、本体側のR(曲面部分のカーブ)と本製品のRが合わない。画像の白い部分が両面テープで、このRがきつすぎる。

んじゃ、Rを合わせればいいじゃないということで購入したのが、百均で売っているエポキシパテ。

 

 

 

これを張り付けてRを合わせるということです。結果はこちら。

張り付けると、

これで、らくらくトリガーがボタンを押しこむことで、指で押し続けないでも大丈夫ということです。両面テープは外れることがありますが、その場合は付け直せばいいだけのことで大した手間じゃないでしょ? お試しあれ。

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください