ドミナス 2006年

記念日用に寝かせておいたドミナス 2006年。普通は結婚記念日なんかに空けるがいいが、我が家では10月23日あたりらしいとしか夫婦ともども認識していないww
なので、まあ、10月の半ば当たりに空ければいいかということで空けた。
ちょっと寒いということですき焼きに合わせたんだが・・・
img_0418
img_0419
うま過ぎるぜww
一口目から重さはわかるんだが上品なんだ。パワフルであることと上品であることが両立しうるってのがあるんだと・・・
果実実溢れるとか、エレガントとか色々な表現はあるんだろうが、そんな表現を聞いたところで呑まなきゃわからないニュアンスなのだ。呑んで見れは「上品」さがわかるとしか言いようがない。
まあ、お値段も買ったときで14175円と自宅呑み用では最も高い。
その値段に相応な旨さである。で、すき焼きに合わせてよかったんだろうかww
amazonだとエノカテのオンラインショップの半額。それを管理技術の差と見るか、利益を載せているだけと見るかはあなた次第。一応、amazonで2006年を売っているのは2店舗。

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください