Audi A1:車検に出した

車検は本来3月後半でもいいんだけど、営業から電話があって3月は混むので差し支えなければ2月のうちにと。まあ、こちらも2月はなかなか車を使う機会がないのでいいかということで車検に出した。まずは日程調整しながらメール添付で見積もりをもらうと・・・・覚悟はしていたことだけど、アイドリングストップ車のバッテリーはお高いね。59、400円なり。なので、もしバッテリーがへたっていなければ来年の定期点検で交換ということで持っていった。今回は営業のMさんはいままでのSさんと違ってメカニック兼任ではないので作業内容の確認はメカニックのM2さんでした。で、バッテリーの件、1月にフロントワイパーは自分で交換した件、オイルも非常用のものから先に使ってもらい汚れていなければ交換なしでと言うことを伝えて後日作業に当たってまた連絡をもらうということで・・・

帰りは、営業のMさんが自宅までA3セダンで送ってくれました。普通、送ってくれる? まあ、代車がないってことではあるんだけど、それでもありがたいサービスです。実は前使っていたプログレのディーラーまでは6kmでアウディ練馬は4.8kmと近いんだよな。これもありがたい限り。

で、実際に作業が始まると・・・まずは、バッテリーがへたっています、交換してくださいとのこと。これは想定の範囲。オイルやらエアコンフィルターの汚れやらで交換。これも想定の範囲。で、電話を終えたのだけど。その後・・・・バッテリーの調達が1日遅れるということで引き取り日が一日伸びる。次に取りに行くと、明細書にフロントワイパーの交換の記載が! どういうことって聞くと、どうらや見積りから部品だけ削除して作業工賃を削除忘れていたってことらしい。なんか、らしくないぞww 更に引き取った翌日、マニュアル類が入っているバインダーをダッシュボードに入れ忘れたので後日届けにくるってさww まあ、車検証とかは確認したら入っていたので問題はないんだけど、営業のきめ細かさに比べてメカニックさん、ちょっとがんばらないといけないかもww

で、結果的に車検代は217、624円なり。 前に乗っていたプログレではバッテリーを自分で交換していたので14万円程度で収まっていたわけで、アイドリングストップ車のバッテリーは高額になるし自分で交換はできてもコンピュータに登録しないといけないから、まあ、妥当なところでしょうね。ドイツ車はディーラー車検が前提だから、それが嫌ならば乗れないと思ったほうがいいというのは正しいってことでしょう。

追記:バインダーが1週間たっても届かないので、郵送してほしい旨、営業のMさんにメールしたら、夜になってMさんが菓子折りを持って直接届けにきた。

かつての上司のお言葉。「失敗したら、菓子折り持ってすぐに謝りに行け。顧客訪問できる機会でもあり、また、失敗を逆にチャンスに変えることだってできるかもしれない」 それを地で行く営業だよね。もちろん、俺もMさんにはクレーム的な口調はしないし、Mさんががんばってくれているのはわかっていることは伝えて労をねぎらった。Audi練馬、ほんと、いいディーラーですよ。

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください