フォルスター ロングフィニッシュ スタンダード:ワインセラーを新調

いままでのワインセラーはDeviceSTYLEの6本収納を2台直列接続wwして使っていたんだけど、まとめ買いしておきたいと思うワインがあっても収納できないためにあきらめていることが多かった。しかも、12本しか保管できない割には底面積を大きく取る。廃盤商品だから増設も出来ない。そこで、思い切ってベルチェ式ではなくてコンプレッサー式のセラーにしようと物色をしたんだが、参考にしたのはもちろんドミナスのメルマガ掲載のもの。底面積が同じくらいで、そこそこの収納となると、このフォルスターのLong Finish Standardに落ち着く。信頼の日本製と言うだけでなくて湿度コントロールがよくできていて70%前後に出来るらしい。となると、シガーを箱買いしてヒュミドールに移す前に保管して置けるww

てなわけで、じゃあ、どこで買うのよ? ドミナス経由だと配送設置に2万近く掛かる。さすがにそれはと思って調べると、楽天で上新電機が特定の地域だけど配送設置料1円でやっている。これを使わない手はない。てなわけで、こちらね。

 

 

で、実際に設置するとこんな感じ。

img_1447

img_1448

最初からそこにあったかのような状態で違和感がない。前面もブラウンのものがあるんだけど、帰って前面シルバーの方が落ち着く感じだ。

中はこんな感じ。

img_1449

湿度をコントロールするために水を入れる部分があるんだが、100cc入れたら湿度が80%越えて、あわてて、水を抜きました。その後は、70%前後で安定。(ところが、しばらくしてみると50%台に低下。たぶん、乾燥が続いたせい。湿度コントロールは難しい)

img_1452

で、注意事項として、そのまま、ラックを引き出そうとすると以下の画像の通り右端がひっかかる。無理やり出せないことはないけど、ゴム部分を傷めそう。コツはちょっと斜めにして引き出すこと。

img_1450

その様子をビデオに撮ったので参考までに。

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください